2010年11月20日

きずな7

 べジータは舌打ちをした。
 吹雪の中、超サイヤ人化したまま、何かを探していた。

 ふいに攻撃を仕掛けられ、気を打ち返した。トランクスが口が血を吐き、宙を舞うのがわかった。

「くそっ。どこに隠れてやがるんだ」
 べジータは忌々しげにつぶやいた。先ほどの戦闘でぼろぼろだったのに更に気を喰らい、トランクスは気を失ったはずだった。
 -40度の中で気を失えば、いくらサイヤ人と言え、危険だった。しかも怪我をしているはずだった。
「トランクス!どこにいやがるんだ!」
 べジータは大声で叫んだ。その声には焦りが混じっていた。胸が締め付けられるような気分だった。
(ちくしょう!)
 べジータは不安定な自分の気持ちにいらだっていた。
(ブルマといい、トランクスといい、この俺をいらだたせやがって)

「くそ!どこにいやがるんだ!」
べジータの気が一気に高まった。そしてべジータを中心に回りの氷山が吹き飛ぶ。吹雪がその一帯だけやんだ。
「トランクス!」
 べジータは少し離れたところに薄紫の髪を見た気がして、その方向へ跳んだ。そしてトランクスの姿を確認して息を吐いた。その体を背負うと建物へ帰るために飛んだ。
「と、父さん?」
 トランクスはうっすらを目を開いてそうつぶやいた。背中から温かい体温が伝わる。べジータはただ無言で飛んでいた。


「べジータ」
 甘い声がべジータを呼ぶ。べジータはベッドの上にいた。その横ではブルマはべジータをじっと見つめていた。
 人造人間と対戦するために宇宙から帰ってきたべジータを迎えたのは嬉しそうなブルマだった。
 ブルマの気持ちは痛いほどわかっていた。べジータ自身、認めたくないがブルマの体を抱いた時、安らぎを覚えたのは確かだった。

 初めてブルマを抱いた時は二度を会うつもりがなく、ただ気持ちに動かされ抱いた。2度目に抱いたときは自分自身が安堵したかったからかもしれない。あの柔らかな体に包まれていたかったかもしれない。
(俺としたことが馬鹿なことを…。夢に違いない。こんな馬鹿げたことを考えるのは……)
 目の前のブルマは嬉しそうに微笑んでいる。そしてべジータに口づけた。甘美な口づけ。べジータはその口づけに答えた。

「ん?」
 ブルマはかばっと机の上で伏していた頭を上げた。
(夢?)
 ブルマは研究室にいる自分を確認した。
(私ったらなんて夢みるのよ。欲求不満ってやつかしら?でも夢の中のべジータはやたらリアルだった。まるで本当に側にいるかのようだった。夢なのに…)
 ブルマは自分の唇に触れた。
(夢じゃなかったかもしれないわね)
 ブルマはふと笑うと背伸びをして、再びパソコンに向き直った。


 べジータはうっすらを目を開いた。
 目の前のベッドの上のトランクスは気持ちよさそうに寝ていた。
(夢か…。下らん夢だな)
 トランクスを建物に運びいれ、温めるため部屋の中で火と焚いた。その火の番をするために壁に寄りかかっていたら、寝てしまったらしい。
 建物の外を見るとすでに吹雪は止んでいた。
 べジータはゆっくりと立ち上がった。夢の中で抱いたブルマの感触がまだ体に残っているようだった。
(下らんな…)
 べジータは鼻を鳴らすと体からその感触を洗い流すため、バスルームへ向かった。









posted by ありま at 02:07| DB 2次小説 人造人間編ーセル編A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きずな6

(こんな人が父だと認めない。俺の父がこんな人だなんで!)
 トランクスは上空のベジータに気を打ち続けた。
 母が愛した父がこんな風に冷たいなどと思ってもいなかった。優しさなど期待していなかった。ただ父に息子だと認めてほしかった。
 ベジータはトランクスの気を受け止めていた。避けることもできた。しかしただ両手で受け止めていた。

「父さん!」
 トランクスが気を放つと同時に向かってきた。ベジータは口元に皮肉な笑みを浮かべると回し蹴りを食らわした。トランクスの体が吹き飛び、地面に叩きつけられる。
 そしてトランクスは意識を失った。
 ベジータはゆっくりと地面に降り立り、意識のないトランクスの顔を見つめた。少し伸びた髪がその顔を覆っていた。
(ブルマと同じ髪だな)
 ベジータはトランクスを背負うと建物のある場所へ飛んだ。

(手加減すればよかったか……)
 ベジータはベッドで眠るトランクスを見つめながらそう思った。
 しかしあの時のトランクスに手加減などできなかった。油断すると自分の方がやられそうだった。
(俺のガキか……。まあ、あのカカロットのガキよりはましか……)
 ベジータは皮肉な笑みを浮かべると再び建物の外に出た。

 いつのまにか吹雪が始まっていた。

「はっつ」
 気合をいれるとベジータの髪が金色に輝き、その瞳が青色に変わる。そして金色の光が体を包んだ。
(あと少しだ。あと少しで壁を超えられる……)


「あと少し……これがどうにか解決できれば完成するわ」
 ブルマはがりがりを髪の毛を掻きむしった。普段の美貌は台無しだった。しかし姿に構ってる余裕はなかった。
(早く完成させたかった。いくら二人が強くなっても戦わないで勝つのが一番よ。セルって化け物だけならまだどうにかなりそうだし。こんなこと言ったらベジータに怒鳴られそうだけど……。死んでほしくないの。あの子の未来のように私とトランクスだけが取り残されるのは嫌なの)
 ブルマは頭をはっきりさせるために頬を両手で叩くと、再びパソコンに向かった。

(勝てなかった。父には勝てなかった)
 ベッドの上でトランクスは目を覚ました。体を起こそうとすると全身に痛みが走った。激痛をこらえながらベッドから下りる。
 建物の外では吹雪が吹き荒れていた。
(俺はなぜ父さんに勝てないんだ。父さんより強くなりたい。そして息子だと認めさせたいんだ)
 トランクスは超サイヤ人になると爆風が放たれる中心に向かって飛んだ。
(超えて見せる。超サイヤ人を超え、父を超え、俺を認めさせてやる)

posted by ありま at 02:06| DB 2次小説 人造人間編ーセル編A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

きずな 作者のつぶやき3

すんごい更新量‥
あきれないでください。

とりあえず明日の分まで更新しました。
週末はなんだか妙に忙しいので多分明日の夜か、明後日夜更新になります。

あー本当にトランクスの話になってきました。
でも避けれないんですよね。

ベジブルなのに‥
ベジブルファンのかたすみません。

避けれないんです。

拍手すんごい嬉しいです!!
元気でます!!

それではよい週末を

ありま氷炎 拝

posted by ありま at 17:48| DB 2次小説 人造人間編ーセル編A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。