2010年08月19日

祈りと願い 作者のつぶやきB

今日もまた更新しまくりのありま氷炎です。

アニメにそこまでこだわらなくてもいいやと思って、
ある意味開き直って書き始めたら
止まらなくなってしまいました。

書いたら更新したくなるので今日は2つも更新してしまいました。

もしかしたらまだまだ書いてしまうかもしれません。

ちゃんと校正しろよっとお叱りを受けてしまうかもしれませんね。

とりあえず10話前後で終わる予定です。

この勢いでは今週中には終わらせるかもしれません。

それでは今日もよい一日を!

ありま氷炎 拝

追加:WEB拍手ありがとうございます!
元気がでます。



posted by ありま at 12:10| DB 2次小説 人造人間編ーセル編@ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祈りと願い6

 雨がぽつり、ぽつりと降ってきた。その勢いは次第に激しくなり、ドシャ降りになった。
 ベジータは荒野にただたたずんでいた。雨がベジータに向かって降り注いでいた。
 心の中の屈辱の炎は雨に打たれて収まるどころかさらに燃え上がるようだった。
 ベジータには絶対の自信があった。しかし、その自信は無残にも人造人間によって砕かれたのだった。


「ブルマさん、本当にありがとうございました!」
 男はブルマに深々とお礼をすると修理したばかりのエアカーに乗り、走り去った。人造人間が来るかもしれないので一つの場所に長い間留まるのは危険だった。
(もうすぐ夜が来るわね。地下に戻ったほうがよさそうね)
 人造人間達は気まぐれに世界中をめぐって殺戮を繰り返していた。
(この間西の都に来たのは1カ月前だったわ。今頃どこで暴れてるのかしら……。ドラゴンレーダーのように、あいつらを探知できるレーダーが作れればいいんだけどね。勝てないなら、逃げ回ることしかできないわ。トランクスがどうにか奴らの弱点を見つけてくれたらいいんだけど。それにしても、トランクス大丈夫かしら‥。なんだか呼ばれたような気がしたけど。大丈夫よね。だって、過去には孫くんもみんなもいるんだし。それにベジータも……)
 ブルマはふとベジータのことを思い、空を見上げた。
 あの日、あの運命日‥…。
(わかっていれば彼を宇宙に行かせることもできたかもしれないわね。強敵と戦うのが好きな戦闘民族のベジータには無理な話かしら……)
 見上げた空はオレンジ色と青色が見事なグラデーションを見せ、恐ろしく美しかった。
posted by ありま at 12:04| DB 2次小説 人造人間編ーセル編@ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祈りと願い5


 シャワーヘッドから温かいお湯がブルマの全身に降りかかる。
 体の疲れだけでなく、心配ごともなくなるような心地よさにブルマは浸っていた。
 トランクスを寝かせて、ブルマはシャワーを浴びていた。
 悟飯の家にあれから電話をかけても誰も出なかった。心配してもしょうがないのでとりあえず気持ちを落ち着けるためにシャワーを浴びることにしたのだ。
 シャワー室から出て着替える。トランクスは長旅で疲れたのか深い寝息をたてて寝ている。
(今日は本当いろいろあったわよね。あやうくドクターゲロに殺されるとこだったわ。大きくなったトランクスが助けてくれなきゃまずかったわよね。それにしてもベジータの奴。昨日助けないって言ってたけど、本当に助けてくれなかったわ。まったく、トランクスが怒るのも無理はないけど……。まあ、みんながいたからかもしれないけどね)
 そんなことを思ってると内線電話が鳴る音がした。それは会社からだった。なんでもカプセルコーポレーションのロゴが入った変な乗り物が西の都の近くで見つかったらしい。
 ブリーフ博士が出張のため、カプセルコーポレーションの第2のブレインのブルマに確認のため電話がきたのだ。
 現物をみないと判断ができないと思ったので会社の人間がすでに現物の写真を会社宛に送ってもらっていた。

「どうですか?ブルマさん」
 ブリーフ、ブルマに次ぐ会社の第一開発部の科学者が電話口でそうたずねた。ブルマは自宅にバイク便で届けられた写真を見つめていた。それはトランクスが乗ってきたタイムマシーンにそっくりな乗り物だった。
「心当たりがあるわ。心配しないで、この件は私が処理するわ」
 ブルマがそう言うと、電話口の男はほっとした様子だった。
「色々ありがとう。社長が戻ってくるまでよろしくね」
「当然です。おかませください。」
 ブルマの言葉に男は落ち着いた声で答えると電話を切った。

「さて、おかしな話よね。トランクスが乗ってきたにしては古い感じだし。しかも壊れてるわ」
 ブルマは写真を手に部屋の中をぐるぐる歩き回った。
(これはトランクスに聞くしかないわね……)
posted by ありま at 11:34| DB 2次小説 人造人間編ーセル編@ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。