2014年03月13日

魔師弟『制約1』

(界王神様……)

 ピッコロは中庭で大柄の長髪の男――キビトと話す少年に視線を向ける。
『一応黙って置いてください。今はまだ誰にも知られたくありませんから』
 少年の姿の界王神は悠然と微笑み、そう口止した。ピッコロは圧迫感から逃げるように背を向け壁に寄り掛かる。そして目を閉じた。
 界王神など噂だと思われるくらいに、遠い存在だった。界王ですら会ったことがない、大界王の神。それが界王神だ。そんな存在がこの小さな星・地球に訪れたことはとてつもなく奇妙で、嫌な予感がピッコロの胸に広がる。

(これから何かがあるのか?何のためにあの方は地球に来たのだ?)

「おい、悟飯。落ち着け。でーじょうぶだ。死にはしねーさ」
 ふいに悟空の諌める声が耳に飛び込んできた。そしてピッコロは弟子の気がどんどん上がっていっていることに気がつく。
 目を向けると、悟飯は会場を見て怒りを増幅させているようだった。
 会場では、ビーデルとスポポビッチが戦ってる。いや、それは既に戦いではなく、一方的な暴力と化していた。負ったダメージが重すぎ動けない娘の顔を、異常な様子の男が踏みつぶそうとしている。
 大きな瞳の勝気な女性。地球人の感覚はわからないが、クリリンが可愛いと言っていたのをピッコロは覚えていた。
 その顔は度重なる暴力で腫れあがり、痛々しい。

(悟飯が怒るのも無理はない)

 ちりっと胸に痛みが走るが、彼の怒りは納得できた。が、ここで超サイヤ人になるのは彼の本位ではないはずだ。男が娘を殺すとは思えなかった。

(悟飯。気を押えろ。死にはしないはずだ)

 ピッコロは弟子の心に呼びかける。

(ピッコロさん。僕は、僕は我慢ができません。ビーデルさんが!)

 怒りの思念が流れ込んだかと思うと、悟飯は超サイヤ人になっていた。

「てめぇ。もうゆるさんぞ。あのくそ野郎」

(悟飯!)

 その様子はセル戦を思い出させる。ピッコロは止めに走ろうと体を起こした。

「凄いエネルギーです。これは利用できそうですよ。キビト」
 が、界王神の言葉が耳に飛び込んできて、意識をそらされる。
 ピッコロが戸惑っている間に、悟飯は会場に飛び出していた。しかし彼は暴走した弟子の後を追えなかった。
『利用』と言う言葉が、気にかかり、動けずにいたのだ。
 そんなピッコロに、いつの間に控室に戻ってきてたのか、界王神が悠然と微笑みかける。
『あなたにも是非協力してもらいたい』
 心の中に入り込んだその言葉は、呪文のように元神であったピッコロの心を束縛する。脳裏では弟子の事が気にかかっていた。しかし、地球の神であった彼は動けなかった。

 界王神はそれからピッコロに語りかけることはなかった。中庭にキビトと共に再び足を向ける。
 圧迫感が和らぎ、気を探ると弟子の気が収まっていた。超化を解いたことがわかり、安堵する。しかし、悟空の気が不意に消え、ピッコロは入り口に視線を向ける。ビーデルを抱いた悟飯が入ってくるのが見え、クリリンが仙豆を取りに悟空がカリン塔に瞬間移動したことを伝えていた。 

「仙豆?そうか、よかった!」
 悟飯は安堵して微笑むと足早にその場を立ち去る。
 腕の中のビーデルはぐったりとしていた。悟飯が顔色を変えるのも無理はない。ピッコロはそう理解するが、釈然としない思いは残る。

 しかし、今はそんなことを思っている場合ではないと思考を切り替えようとした。
 今大事なのは、界王神のことだ。悟飯を利用して何かをしようとしている。師匠として愛弟子に守りたい、その気持ちがあるのは確かだった。が、神であったピッコロが、界王神の意向に逆らうことができないことも事実であった。


「クリリンさん、お父さんは戻ってきましたか?」
「まだだ」
 息を切らせて戻って来た悟飯にクリリンがそう答えるのが聞こえた。弟子は溜息をつくと空を見上げる。
 天下一武道会の前チャンピオン、そして格闘技世界チャンピオンのミスターサタンの娘であるビーデルの容体がまだわからないということで、試合のほうはまだ始まっていない。
 悟空が行ってからまだ10分ほどしか経過していない。それでも悟飯は苛立ちを隠せない様子で、部屋の中をいったりきたりしている。
 弟子から放たれる苛立ちの気持ち、それがあの娘に起因していることもあり、ピッコロは逃げるように違う場所に移動し、窓から外に視線を向けた。

「ピッコロさん!」
 ふいに弟子の声がした。
「?!」
 すぐ傍に悟飯が来ていた。気づかぬ自分の愚かさを笑いたくなった。が、弟子はそんな師匠に様子に気がつかないようで、熱心に身を乗り出して窓の外を見ている。
「お父さん、いないですよね?」
 どうやら瞬間移動で消えた父親を探しているらしい。こんな場所に戻ってくるはずがないのだが、焦っている悟飯は闇雲に探しているようだった。
 ビーデルという娘がそれ程の存在かと、ピッコロの胸に焼けるような痛みが走る。が、痛みを堪えて口を開いた。
「……孫なら、お前かクリリンの側にもどってくるはずだ」
「そうですよね」
 弟子は苦笑する。
「あの娘、それほど重傷なのか?」
「はい。でも命には別条はないみたいです。だけど、仙豆を飲んだほうが治りが早いので」
「そうか」
 弟子のビーデルへの労りの気持ちが伝わる。何とも表現しがたい感情に支配さて、ピッコロは居た堪れなくなった。
「ピッコロさん。ピッコロさんは大丈夫ですか?」
「ん?」
 予期せぬ質問にピッコロは驚く。が、自分の事を気にかけていたのかと思うと嬉しい気持ちが先立つ。
「あのシンって人に何か言われたんですか?」
 悟飯はそんなピッコロの傍らに立ち、見上げる。
「……何も。どうしてそう思う?」
「何も言われてないならいいです。ピッコロさん、元気ないなと思って。シンって人との試合を棄権するのもピッコロさんらしくないですし。すみません。僕、なんか全然気がつかなくて」
 そう言って悟飯はじっとピッコロを見つめる。サングラスごしで表情をわからない。しかし、気持ちはまっすぐピッコロを向いていた。
「ビーデルさん。女の子だし。僕たちと違って強くないから。結局、こんなことになっちゃったし。ビーデルさんが回復したら、ピッコロさん……。僕にシンって人のこと話してくださいね。だってピッコロさんは何か僕に隠してるでしょ?」
 ピッコロは弟子の質問に顔色が変わっていないことを願う。
「……隠してなどいない。それより、クリリンのところへ戻ったらどうだ。孫が戻ってきてるかもしれないぞ」
 これ以上質問されるとぼろが出るかもしれない。 ピッコロはわざと急かすように言った。
「そうですね!じゃ」
 律義な弟子はぺこりを頭を下げると、走って行く。
 ピッコロは目を細めて、小さくなる悟飯の背中を見つめた。

 悟飯はピッコロの様子を見ていないようで、見ていた。しかも、ピッコロが隠し事をしてることすら見抜いたようだった。だが、今はまだ、シンーー界王神のことを話すわけにはいかない。

「悟飯……」

 弟子の名を呼ぶ。
 聡明で、誰よりも愛しい弟子。彼を利用させることなど、考えたくなかった。しかし、協力せざる得ない自分の立場を思い、ピッコロは目を閉じる。

 純粋な魔族であった時、ピッコロの行動は全て彼の意向によるものだった。小さかった悟飯を守って来たのも、彼が望んだからだ。
 しかし、今のピッコロは自分の意向だけで動くことはできなかった。
 元神様――その立場がピッコロの行動を制限していた。


posted by ありま at 10:37| Comment(0) | 魔師弟セル編直後ーブウ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

魔師弟話「神様の怒り」

「神様の怒り」

「悟飯さん!!」
 神殿に響くデンデの大声。 
 ミスターポポはまれに聞く神様の怒鳴り声に少し慌てた様子で出てきた。何にも動じない彼だが、額に汗をかき、目もいつもより大きく見開かれてる。
「神様。何。あった?」 
「もう、堪忍袋の緒が切れました」
 『堪忍袋の緒が切れた』、勉強家のデンデ、そんな言葉の言い回しもすでに修得していた。
「僕は悟飯さんに忠告します」
 先代同様ナメック星人の神様、普段ならその怖い顔も笑顔を浮かべているため、怖い印象はない。しかし今日のように怒っているとかなり凄みが効き、神様というより魔王という感じであった。
 デンデは目を閉じて精神を集中する。そして悟飯に呼びかけた。


『悟飯さん!』
 頭が割れそう程の大声が脳に響き渡る。
「デンデ?!」
 悟飯は眩暈を覚えながら、ぐわん、ぐわんと鐘が鳴っている頭を押さえ、返事をした。
 昼食を食べ終わり、対戦相手を決める抽選をするために悟空達と会場に向かっていた。すると妙な二人組に遭遇。二人の正体がわからぬまま、戸惑う面々だったが、「トーナメントのくじ引きがはじまっちゃうぞ」というクリリンの言葉で、再び会場へ歩き始めたのだ。
 そんな矢先、脳裏に友人の声がした。彼らしくない大声で、悟飯は戸惑う。しかし、デンデとこのまま会話すると、隣にいるビーデルにまたしても妙な疑いを持たれてしまう。
「ビーデルさん。僕、ちょっとトイレ行ってきますから、先行っててください」
 早口でまくしたてると、返事も聞かぬまま、悟飯は会場とは逆の方向に走り出す。
「悟飯くん?!」
 ビーデルが追いかけようとしたが、悟飯の姿は完全に消えていた。空に飛び上がって目を凝らすが探すことはできなかった。
「悟飯はトイレにいったのだろう。直ぐに追いかけて来るはずだ」
 すたっと地面に降り立ったところで、悟飯曰く「おかしな人」が話しかけてくる。ビーデルは訝しげに彼を見たが、その通りだったので何も答えず悟空達の後を追った。

「デンデ?どうしたの?何かあったの?」
ビーデルが歩き出すのを確認して、木陰に隠れていた悟飯は姿を現し、何故か怒っている友人に話しかける。
「どうもこうも。悟飯さん、ピッコロさんをおかしな人扱いするなんて酷過ぎます!」
「み、見てたの?」
 神様である友人はピッコロ同様、遠見の術を使うことができる。が、まさかあの場面を見られているとは思わず、悟飯は素っ頓狂な声を出す。そして同時にデンデが知っているということはピッコロにも知られている可能性に思い当たり青ざめた。
「ね、ピッコロさんにも聞こえていたかな」
 小さな声でビーデルには言った。しかもピッコロは後ろを向いていた。悟飯は聞こえるはずがないと思ってあんな事を言ってしまったのだ。ビーデルは普通の人間、しかもあのミスターサタンの娘だ。悟飯達の本当の姿を知られると都合が悪いと咄嗟の嘘だった。
「当然、聞こえていたはずです」
 珍しく憤っている友人の反応は冷たかった。
(どうしよう)
 悟飯はその場にしゃがみ込む。あんな馬鹿みたいな嘘を言ってしまったことを後悔する。
(ピッコロさんに嫌われた。今度こそ見捨てられるかもしれない)
 悟飯の思考がどんどん暗くなっていくのがわかり、怒っていたはずのデンデは逆に心配になってくる。
 デンデの心にも後悔という感情がもたげてきた。
 沈黙が訪れる。悟飯は俯き、デンデも遥かなたの上空で、同じ様にふさぎ込んでいた。

『お前たち。何を下らんことで悩んでるんだ!』
 不意に二人の心に響く声。それは悟飯の大切な人で、デンデの尊敬する同胞だった。

『悟飯、抽選会場まであと少しだぞ。猛スピードで戻って来い。デンデ、下らんことを心配をする暇があるなら、あの二人の正体について考えろ!』

 有無を言わせぬ言葉に、悟飯は気を高め駆け出す。デンデも悟飯から視線をはずし、会場に目を向けた。
 ピッコロが指した二人を見つけ、様子を伺う。地球人ではないのはデンデにもすぐわかった。が、異星人とも違う気がする。妙な気配だった。凝視できないくらいの圧迫感がデンデを襲い、視線をそらす。すると会場のすぐ外に、ピッコロたちの姿も見えてきた。

 悟飯はすでにピッコロたちに追いつき、和やかに話をしていた。
『ピッコロさん、ごめんなさい』
 直接会話はしてはいない。が思念で、悟飯がそう謝っているのがわかり、デンデは安堵する。同胞にも悟飯の侘びは伝わっているようだった。

「よかった。本当に」
 これでもう二人は大丈夫だろう。
 デンデはそう思い、天下一武道会の会場から視線を神殿に戻す。
 珍しく怒ってしまった神様は友人と同胞が和解したのを見届け、安堵していた。



posted by ありま at 10:42| Comment(0) | 魔師弟セル編直後ーブウ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

魔師弟話『神様の憂鬱』

「神様。ピッコロ、悟飯。頑張ってる」
 神殿の縁に立ち、下界を見下ろしていたデンデに、ミスターポポがそう話しかけた。
「ええ、まあ」
 小さな神様は額に汗をかき、微妙に笑ってそう答える。

 彼の心中は穏やかじゃなかった。

 心に浮かぶのは、同胞ピッコロへのエール。そして友人悟飯への憤りだった。
 神様であるデンデ、移動しなくても心に呼びかければそれを伝えることは簡単だ。しかし、それらを実行するとピッコロに怒鳴られることは明白で、彼はなすすべもなく状況を見守るしかなかった。

(悟飯さん。なんで気がつかないのかな)

 デンデは大きな溜息をつく。
 
 1週間前、彼が怪我をして運ばれて来た時、二人は完全に和解。いや、元から喧嘩したわけではなかったが、気持ちが完全に通じ合ったと思っていた。
 しかし天下一武道会が始まり、あの女性――ビーデルが現れてから状況は元に戻ったようだった。

(ピッコロさん……)

 デンデは、腕を組み苛立ちを隠しつつ二人を見守る同胞を眺めた。
 二人――悟飯とビーデルは仲良く並んで、少年部の決勝戦を見ている。戦うのはトランクスと悟天だ。
 子供とは思えぬ激しい戦い。観客は完全に驚愕の目で、悟空達は自分たちの子供が予想よりも強いことに少し興奮ぎみになっているようだった。
 
 小さな神様は自分の誘惑に勝てず、ビーデルの心を覗く。彼女の心にあるのは、悟天やトランクスの強さへの驚きが大半だった。が、心の隅にあったのは悟飯への興味。それは単なる興味ではなかった。

 恋愛などナメック星人にはわからない。
 だが、神様である彼は毎日下界の様子を伺っている。しかも、ミスターポポに頼んで本を取り寄せ、恋愛というものがどういうものか知識としてはわかったつもりだった。
 同胞が友人に頂く感情は、師としての感情以外のものがあるようにデンデには思えた。ビーデルが悟飯の周りに現れるようになり、ピッコロが苛立ち始めたのが、その証拠だ。しかし『嫉妬』と指摘すると、同胞が怒ってしまいしばらく神殿に戻ってこなかった。
 対する悟飯。弟子として師を尊敬し、その忠義心には目を見張るものがある。しかし、これもまた純粋な弟子としての思い以外なものがあるように思えた。
 この世に生まれ落ちて、体だけは急激に成長させたが、心がその成長に伴わなかった当時のピッコロ。そんな時に、純粋な存在――悟飯と過ごすことになり、大魔王の分身であり息子の彼はかなり影響を受けた。それは悟飯も同じく、4歳という人間で言うならば親の庇護の元生活する時期に、親から離され、ピッコロに訓練を受けた。
 お互いが影響し合い、今の彼らがある。
 恋愛――という男女の間の発生する感情が二人に芽生えてもおかしくないはずだった。

 デンデはビーデルと楽しげに話をする悟飯を見つめる。
 悟飯にとってピッコロが一番であることは変わらない。同胞もそれを知っている。しかし、こうして目の前で自分を無視して仲良くされるといい気分ではないだろう。

(悟飯さん……)

 友人のことは大好きで、今まで彼に苛立ったことはない。が、今回ばかりはデンデは少し彼に対して怒りを覚えた。
 悟飯が同じくナメック星人であれば、このような苛立ちは起きるはずがない。常に互いの心が通い合うからだ。ピッコロの気持ちが悟飯に届き、悟飯は彼の過ちに気がつくだろう。
 しかし、友人はナメック星人ではない。彼はピッコロの苛立ち、悲しみを知らないまま、仲良くビーデルと話をしている。

(……ピッコロさん)

 神様である自分は中立でなければならない。ビーデルの気持ちを知ってしまったデンデは、彼女の邪魔をするようなことはできなかった。
 心は既に結ばれているピッコロと悟飯。
関係が壊れることはあり得なかった。
だが、小さな神様は、同朋の心に自分の心を重ね、大きな溜息をつくしかなかった。
posted by ありま at 11:39| Comment(0) | 魔師弟セル編直後ーブウ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。