2011年05月29日

変わらぬもの 2の2

「ブルマ」
 そんなことを思っていると声が聞こえた。
 それは愛おしい男の声だった。
「べ、ベジータ?!どうしたの?」
 ブルマは泣いている自分を見られないように慌てて顔を逸らす。
「は、早かったわね。っていうかまだ1時間も経っていないじゃない?!」
 ブルマは立ち上がり、わざと声を張り上げてそう言った。
 声が鼻声で気づかれたくなかった。
 こんな馬鹿なことで泣いているなんて思われたくなかった。

「?!」
 ふいにぐいっと腕を掴まれ、ブルマはベジータの胸に引きよせられた。
「どうしたんだ?」
 ブルマはベジータの胸の暖かさとその言葉に止まっていた涙腺がまた緩むのがわかった。

 出会ってから数十年が経ち、彼は変わった。
 こんなにも自分を心配してくれる。
 殺すと連呼していた時が信じられないくらいだった。

「最近おかしいぞ。何かあったのか?」
 ブルマは嗚咽だけで、ベジータの問いに答えられなかった。
 ベジータはブルマの髪を優しく撫でると、唇にそっと触れるキスをした。
「ベジータ……。あなたを愛してる。だから、私は年取った自分を見られたくないの。こんなに醜くなっていく自分が嫌なの」
「お前はなんでそんな馬鹿なんだ」
 ベジータは深く息を吐くと、ブルマを抱きしめた。
「俺にとって外見など意味をなさない。俺にとって女はお前ただ1人だ。わかったな」
 ブルマはそう言ったベジータの顔が赤くなっているのがわかった。

 こんなこと言われたのは初めてかもしれない。

 ブルマはぎゅっとベジータの背中に回した手に力を込めた。
「ベジータ……」
 
 ベジータはブルマの頬を両手で掴むと唇を重ねる。
始めは優しく触れるようなキスだったが、それは徐々に熱を帯びて、ブルマは頭がぼうっとするのがわかった。

「んっつ。べ、ベジータ!ブラは?!」
 甘美な感覚に身をゆだねながらもブルマははっと母親の顔になった。
 年頃のかわいい女の子が一人で買い物など、危険気回りなかった。
「安心しろ。トランクスがそばにいる」
 ベジータは舌打ちまじりにそう答えると、ブルマを抱き上げた。
「ちょ、っと」
「今日は誰もいない。邪魔するものはいない」
 ベジータはそう言うと、ブルマを抱いたまま研究室を出る。そして部屋に上がるためにエレベータのところへ歩いていく。
 ブルマはベジータに抱きかかえられ、その鼓動を聞いた。
 規則的な鼓動が徐々に早まっているような気がした。

 部屋に入るとベジータはブルマをベッドに寝かせ、着ているTシャツを脱いだ。

 戦闘服を着なくてなってどれくらいかしら?

 見事な筋肉質の体を見ながらブルマはふとそんなことを考えた。

「ベジータ、ちょっとカーテンしめて」
 明るい部屋で自分の老いた体を見られるのは嫌だった。
 しかしベジータはカーテンを閉めようともせず、ブルマの服を脱がせる。
「ちょっとベジータ?!」
「お前は俺の女だ。お前のすべてを見たい」
 ブルマはベジータの言葉に泣きそうになりながら、その胸に顔をうずめる。
「ねぇ。ベジータ。私きっとすぐおばあちゃんになっちゃうわよ。それでもいいの?」
「……」
 ベジータはブルマに答えずただ、唇をブルマの首筋に這わせた。
「ねぇ。ベジータ」
 ブルマは体を捻り、ベッドから体を起した。
 答えのないまま、抱かれるのは嫌だった。
「まったく、当たり前だ。お前はお前だ。俺の唯一………女だ」
 ベジータはその黒い瞳をじっとブルマに向けてそう言うと、ブルマをベッドの押し倒す。

 ブルマは涙が止まらなかった。
 いつもなら何か答えるはずの口がうまく動かなかった。

「ブルマ……」
 ベジータはブルマの涙を唇で拭い、そのままゆっくりと唇を重ねる。

「ありがとう。ベジータ愛してる」
 明るい部屋の中で、2人は静かに愛を確かめあう。

 ずっとしてきた行為なのに、今日は特別な気がしていた。



 



 


【関連する記事】
posted by ありま at 02:49| Comment(0) | DB 2次小説 1周年記念短編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。