2011年04月22日

ムカシノオトコ3

「ヤムチャさん、遅いですよ」
 飛行機の中で待っていたクリリンはやっと機内に入ってきたヤムチャに不服そうな顔を見せた。機内には亀仙人、チチ、プーアル、ウーロン、チチがすでに座って待っていた。
「クリリンよ。大人の事情とやらがあるんじゃよ。まあ、わかってやるのじゃ」
 亀仙人はヤムチャに目配せをしながら、クリリンをそうたしなめた。その横のウーロンはうんうんと意味深な表情をしてうなずいている。ヤムチャは引きつった笑いを亀仙人に返した後、操縦席に座った。
「さあ、戻りましょう」
 そして操縦桿を握ると飛行機を上空に浮かせた。

「武天老師様、大人の事情ってなんすか?だってブルマさんは‥…」
「クリリン、お前もまだまだじゃな。色々あるんじゃよ。なあ、ヤムチャよ」
「はあ‥…」
 亀仙人の言葉にため息交じりにそう返しながら、ヤムチャは目の前に広がる青い空を見つめた。眼下のカプセルコーポレーションは機体の高度が上がるにつれ、小さくなっていく。ブルマがいるはずの研究室にブリーフ博士が入っていくのが見えた。
 後部座席では亀仙人がクリリンはなにやら恋愛講義なるものを話し始めたのが聞こえた。ヤムチャはそれをBGMに聞き流しながら、三年前を思い出していた。
(ブルマと二人っきりになるべきじゃなかったな。心の奥に閉じ込めたはずの自分の思いを再び開ける事になってしまった。ブルマの思いはわかっていた。あの時には戻れない)
 ヤムチャは切なげに小さくなったカプセルコーポレーションを見つめた。そしてそんな思いを振り切るように、首を左右に振ると飛行機の軌道を修正し、カメハウスに向けて発進させた。
 飛行機はヤムチャの思いを切り裂くように青い空を突っ切ると、まっすぐカメハウスに向けて飛んだ。

「おお、ブルマや」
 翌日、研究室にトランクスを連れて現れたブルマにブリーフ博士は声をかけた。16号は機能を一旦停止され、静かに寝台に寝かされている。
「なあに?父さん」
 ブルマは揺りかごにトランクスを入れ、音のなる玩具を与えるとブリーフ博士を見つめた。
「ベジータくんの戦闘服の複製、数着また完成したらしいぞ。後で会社の者が届けてくれるらしい」
「そう、早いわね」
 ブルマはブリーフ博士にそう答えながら、机に座り、パソコンの電源を入れた。
 昨日、ベジータ達を見送ってから、必要になるに違いないと会社の者に戦闘服の複製を頼んでおいたのだ。前回は数日かかったので今回も数日かかると思っていたが、予想以上に会社の技術者は早く完成させたようだった。
「さて、私も早く16号の修理を終わらせるわ。父さん、そのコード、16号の頭に差し込んで」
「ああ、わかった」
 娘に言われ、ブリーフ博士は天井からつり下がっているコードを掴むと16号の頭部に差しこんだ。


「じゃ、俺ちょっと悟空のところ行ってきます」
 クリリンは勢いよくそう言うと、カメハウスから飛び立った。そしてその姿はあっという間に小さくなり、青い空に溶け込む。
 カメハウスの外ではオレンジ色の道着を着たヤムチャが突きや蹴りを繰り返していた。
「ヤムチャ様、大丈夫ですか?」
 いつもと違う雰囲気のヤムチャにプーアルがおそるおそるそう話しかけた。ヤムチャはプーアルの問いに、にこりともせず、ただ熱心に稽古に励んでいた。額から汗が流れ落ち、顔をつたって道着の襟部分を濡らす。オレンジ色の道着はヤムチャの発する汗でぐっしょり濡れていた。
「やめとけよ。プーアル。ヤムチャは今恋に悩んでいるんだからさ」
 オレンジジュースをじゅるじゅるとストローで飲みながら、ウーロンはプーアルにそう忠告する。
「こ、恋ですか?」
「そうそう、ブルマに会って再燃したんじゃないか?だってヤムチャの様子がおかしいのは昨日からだろ?」
「‥…そんな」
 ブルマの夫、正確にいうと夫ではないらしいが、ブルマの思い人はヤムチャが逆立ちしたって敵わないベジータである。人造人間が現れてから、プーアルはヤムチャがすっかりブルマへの思いをたち切ったと思っていた。
 しかしそうではなかったらしい。
 ヤムチャはオレンジ色の道着を汗で濡らして、必死に稽古に勤しんでいた。
「やっぱり決めた」
 不安そうにしているプーアルの前で、ふいにヤムチャはそう言って汗を拭った。その表情は迷いがなく、すっきりとした様子だった。
「ちょっとブルマのところへ行ってくる」
 道着の上着を脱ぎ、汗を拭きとるとヤムチャは出かける支度をするため、家の中に入っていった。その様子をプーアルは心配そうに、ウーロンはおもしろそうに見ていた。
 上空には今日も青い空が広がっている。
 家の裏の大きなパラソルの下では、亀仙人がよだれを垂らしながらデッキチェアで幸せそうに熟睡していた。



posted by ありま at 00:00| DB 2次小説 セルゲーム前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。